女として愛されない妻はほかの男を求めて大阪のセフレ掲示板を使う

男性の妻となった女性は、当然のことながら『女として夫に愛されること』を望みます。

それは女性扱いをしてもらうというだけでなく、女としての性欲をしっかり満たされることも含まれており、単なる子作り以外でもセックスをしてもらいたいのです。


女性は男性に比べると性欲を隠すのが上手いため、つい男性は「子供が欲しいとき以外は、無理に求めないほうがいいかも」と勘違いしてしまいます。

結婚した男性は「妻も性欲を解消するためにしたがっている」という事実を認め、積極的に誘ってみましょう。

それなのに、「夫は私を女として愛してくれない…」と不満を抱えるようになれば、どうなると思いますか?

答えは簡単でして、『夫以外の自分を女として満たしてくれる男』を求めるようになりまして、大阪のセフレ掲示板を使って浮気するのです。

大阪のセフレ掲示板に結構人妻がいるのはそういうわけでして、「なぜここに人妻が?」と不思議に思う男性も、こういう背景を知れば納得でしょう。

すべての女性が同じ動機だとは限りませんが、こういう女性が多いのも事実です。

私もセフレ掲示板を使うことは多いですが、こういう人妻を抱くことはそれなりにありまして、夫に愛されていない女性は抱かれたときのリアクションが凄いですね。

AV女優に近くもさらにリアルな喘ぎは、男もしっかりと興奮させるでしょう。

私の体験談を話すとしたら、結構前に会ったA(仮名)という女性は典型的なタイプでした。

Aの夫はセックスに対するやる気がなくて、自分が勃起して妻が濡れたら挿入し、出したらそれっきりです。妻を気遣うことはなく、自分がスッキリしたら寝るだけの、『妻の体を使ったオナニー』と言えるレベルのセックスでした。

そんな夫はセックス以外だとそれなりに優しいのですが、Aはこのセックスだけで「私は夫に女扱いされていない…」と不満を抱え、セフレに救いを求めるようになったのです。

どんなにステキな夫であっても、セックスで台無しになることがあるんですね…。

私がAを抱くときには入念な愛撫をしたのですが、時間をかけて触っていると自分から「お願い、もう欲しいの…」とおねだりしてきて、まるで恋人を求めるかのような甘え方でした。

そんな反応をされると、私も燃えてしまいます。

挿入すると獣のうなり声と女性特有の高い声が混じったような喘ぎを見せて、私は声だけでも興奮しそうなほど楽しんでいました。

セックス後のAは「ああ、ずっとこういうセックスがしたかったの…」と満足げにつぶやいたのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です